ホーム(性病について)

性病について

性病も時代によって変化する

性病とはもともと特定の性感染症(梅毒・淋病など)をあらわすものです。昔は花柳病(かりゅうびょう)とよばれていましたが、最近は性交渉によってうつる性感染症全体を意味するようになりました。

性感染症の中心は20代~30代!梅毒や淋病、クラミジアなどの性病は、抗生剤の開発により以前とくらべて治りやすくなってきましたが、感染をくりかえすことで抗生剤がきかずに治りにくい病原体(耐性菌)がだんだん増えてきています。とくに淋病はここ数年で20~30代の感染者が増加するとともに耐性菌の報告が目立ってきています。

強い症状がでる性病は早めに検査や治療をするので病気になる人は少なくなってきていますが、クラミジアなど自覚症状が出にくい性病は治療をしない人が多く、病気になる人が増える傾向にあります。このようなケースは女性に多くみられ、自分も知らないうちにパートナーへうつす可能性があります。

いま相談の増ているものは、淋病やクラミジア、マイコプラズマなどです。
性病になる原因はセックスによるものが多いのですが、最近はフェラチオやクンニなどのオーラルセックスや素股など、性器同士以外での接触でうつるケースが増えています。

症状は病気によって違いますが、おしっこをするときに痛みがあったり、性器のかゆみや下着がよごれるなど異常をみつけたときはまず性病をうたがってみましょう。

かかりやすいのはどんな人? ~性行動チェックリスト~

性病は症状がないものが多いので、病気になっていてもなかなか気づきません。性行動をチェックすることでかかりやすいかどうかを判断しましょう。

  • 複数のセックスパートナーがいる
  • セックスパートナーに複数の相手がいると思われる
  • 行きずりの相手とセックスすることがある
  • 検査をしたことがない
  • パートナーがよく変わる
  • コンドームはあまり使わない
  • アナルセックスなど、出血するような性行為をしている

以上のうち、1つでもあてはまるものがあれば注意が必要です。性病検査をしたことがなければ、確認のためにも一度しらべたほうがいいでしょう。

気づかぬ間に拡大する感染

複合感染に気をつけよう!

症状をチェックしていると「あれ?クラミジアや他の性病にもあてはまる・・・」ということはありませんか?
性病検査をすると、じつは1種類だけではなく複数の病気にかかっていることが多くみられます。

たとえば、クラミジアをもっていたら淋病も、ヘルペスも、もしかしたらHIVももっているかもしれません。
考えてみれば、クラミジアにかかっているから他は大丈夫ということはないわけで、性病になるリスクの高い性行為をしていれば、いろいろな病気をもらってしまう可能性は十分に考えられます。

複合感染をさけるためにも、安全なセックスを心がけると同時にリスクの高い行動はとらず、しっかり予防することが必要です。
症状がいろいろなものにあてはまる場合は、複数の病気をしらべることができる性病検査キットを使ってもれなくチェックすることをおすすめします。

リスクの大きい性行動とは? ~複数の相手がいるとリスクが倍々ゲームに~

パートナーがちゃんと性病検査をしていれば複数の相手と関係していても問題はありません。ただ、感染しているかどうかわからない状態で付き合っていると、その人数分だけリスクが大きくなります。

つまりパートナーが3人なら3倍、5人なら5倍のリスクを負っていることになります。その相手がまた複数の人とセックスしていたら、さらに性病にかかるリスクは倍々ゲームで増えていきます。
反対に、自分にとってはひとりの相手でも、その人が複数のパートナーと行為があるなら、その人と同じ分だけのリスクを持つことになります。

よく知らない相手やその場かぎりの関係などは、とくにリスクの高い行為になります。また、相手がよく代わる場合も同じと言えるでしょう。
セックスの内容についても、コンドームを使わなかったり、性器を傷つけて出血するような行為は性病をもらいやすくなります。

性病のおおまかな分類

感染の原因や経路によって性病を分けると次のようになります。

細菌によるもの 梅毒、淋病、軟性下疳(なんせいげかん)、鼠径リンパ肉芽腫など
ウィルスによるもの HIV、ヘルペス、コンジローマ、A型肝炎、B型肝炎、C型肝、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、サイトメガロウィルス、EBウィルスなど
真菌によるもの 白癬(はくせん)、カンジタなど
原虫によるもの トリコモナス、赤痢アメーバ、疥癬(かいせん)、毛じらみなど
精液や膣分泌物によるもの HIV、梅毒、淋病、クラミジア、ヘルペス、マイコプラズマなど
唾液によるもの ヘルペス、クラミジア、淋病、梅毒、EBウィルスなど
傷や粘膜の接触によるもの HIV、梅毒、ヘルペス、コンジロームなど

不安に感じたら早めの検査を!

HIVをはじめとする性病の治療技術は日進月歩で進化していますが、大切なのは自分が性病かどうかを検査で確認することです。
いくら治療技術が進んでも早期発見・早期治療ができなければ深刻な事態になることは避けられません。

症状が軽いクラミジアでも検査せずにそのまま放置することで、何年か先に子宮や睾丸を手術でとらなければいけない状況になってしまいます。そうならないためにも性病にかかる心あたりや違和感、不安があるときは、専門のクリニックに受診するか性病検査キットなどを利用して早めにしらべましょう。

また、カップルのどちらかが性病になった場合は、パートナーにも病気をうつしている可能性があるので、そのときは検査で確認する必要があります。

検査と治療はカップルで ~ひとりで治しても「ピンポン感染」はとまらない~

いつもと様子が変だな?とかんじたときは検査で確認しましょう。それで問題がなければOK!性病がみつかった場合でも早めに治すことで深刻な事態をさけることができます。

ただ、ここで問題になるのが、自分ひとりだけ大丈夫でもパートナーが病気を治していない場合、セックスするとまた性病をもらってしまいます。これを「ピンポン感染」といい、パートナーと一緒に治療をしないかぎり、おたがいに移し移されの繰り返しを永遠に続けることになります。

自分が感染していることがわかったら、パートナーにも性病検査をうけるようにすすめ、一緒に治療するしか完治する方法はありません。複数の相手がいるときは、みんなに検査するようにすすめて全員で治すようにしましょう。

症状でしらべる
検査でしらべる

●おすすめサイト